今更聞けない!「ナタマメ」って何?

なた豆はみがき

そもそもなたまめって?

250px-Canavalia_gladiata2

鹿児島県には門外不出でもあった巨大な豆があります。
その豆の名は「なた豆」。
大きさが30~50cmとナタのように見えることから呼ばれます。

しかし、この豆は食用というよりある効能で知られます。
それは膿を出すという効果で、漢方薬でもありますが蓄膿症や歯周病様にお茶やうがい薬、口臭を抑制効果もあるため歯磨き粉に使われてもいます。
その主要成分はカナバニンと言い、なた豆だけにある成分です。

ネットでの評判は高評価!

04211054_53547a4f55bdd

なた豆を用いた歯磨き粉をネットで見てみると、意外と多くの歯磨き粉が売られているようです。
値段は1本1000円~2000円前後と、市販の歯磨き粉と比べると少々お高めです。
なによりもその評価ですが30代以上の人が多く、大手通販サイトでの評価の多いモノを見てみると4.3~4.5(5点満点)と高いもので、ネバつきや口臭も軽減したというコメンとが多く見られます。
しかし、こういうものは低評価をみてみることです。
それでも、味が合わないとして1点というものがありましたが、それ以外は低くても3点、それもチューブやフタといった構造的な問題で、その効能についての評価は高いものでした。

最近は付加価値デンタル商品が増えてきましたが、虫歯予防はもとより、歯周病や口臭が気になる人には、なた豆歯磨き粉は期待できそうです。
なた豆はみがき

Contacts:
Posted by: @admin on